星空サイパン

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
貸切観望会 その一 23:58
りゅうこつざ 年明けから、夜の時間帯の雲が多くて満天の星空が見えなかったんですけど、
(しぶんぎ座流星群も逃しました…)
今日は晴れました! ばっちりです♪♪

サイパンの地元情報誌の方から、2月号の特集星でやりましょう〜とお声掛けを頂いたので
ネタ用に冬の星座写真を撮りに行くことにしました

カメラにカビの生えた20mmレンズをねじ込み、三脚、赤道儀、天体望遠鏡、
ツアーの時はお留守番のダイちゃんも車に載せてグロットへゴー♪

 



 
 途中は街灯もないので当然まっくらけ





 駐車場も明かりがないので
 リクライニングシートを倒してみると
 車内プラネタリウムになります
 


さっそく駐車場で三脚を使って試し撮りしてみます


南向きです 木の隙間からとも座と、その上に明るく輝いているのがおおいぬ座のシリウス



ちょっと西側にずれて、グロットテラス入り口(手すり わかりますか?)
写真中央の一番白く明るく写っているのが、りゅうこつ座のカノープス
全天でシリウスに次いで明るく見える1等星です
日本の本州ではもっと水平線の側に見えて、大気の影響で赤っぽく見えます。

テラスの移ると正面南、左西側どちらも海抜けの雲が少なくので水平線近くまでばっちり!
いや〜 一人(+一匹)で見るのはもったいないくらい。







 こんな感じでセットします。
 ここはコンクリのテーブルセットが
 あって荷物置くのも安心便利
 






 西側の遠ーーく見えるのは
 カグマンの住宅地域です
 グロットから唯一見える文明の燈

赤道儀はその極軸を北極星に合わせるのですが、
サイパン島は北緯15度付近なので、15度の高さに北極星を探します
日本で見る時より、北の星は低く、南の星は高く、それぞれ20度ほど違って見えます。

星野赤道儀は地球の自転運動で、星が流れて写らないようにモーター駆動が付いているんですが
スイッチを入れる前に、カメラを北に向けて日周運動を撮ってみます。


5分露光でしたので(あまり長いとシャッター閉じるの忘れる。。)
長い線にはならなかったのですが、北極星を囲むように星が流れているのが分かり…ますか?

写真右手の東から西に、北極星を中心として星はゆっくり動いて見えます
逆に、北極星(天の北極側)から地球を見ると反時計回りに24時間で一回転しています。
(北極星から地球を見るのは、光速で430年かけて旅をしないと。。。)

2に続きまぁす。
 

 






| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 星先案内人 - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.hoshizora-saipan.com/trackback/4
<< NEW | TOP | OLD>>